凡庸なるがままに。


by michelle_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

1週間前の土曜日の夜に高熱が出まして。
年末にも38.8℃の熱が出てすぐ下がったんですが、今回は週末中熱が下がらず、月曜(成人の日)の朝に39.1℃になったので、ああこれはいけないと救急病院へいったらばっちりインフルエンザA型でした。(A型とだけ言われてソ連か香港か聞くのを忘れた)
タミフルを服用して寝てたんですがニュースで今年のソ連A型にはタミフルあんまり効かないと聞き涙目。
結局無理を押して仕事関連で代々木のスタジオに行った木曜日を除き、先週はずっと床についてたのでした。
熱発中は野菜ジュースとおかゆ以外胃が受け付けず参りました… 
一番熱がひどいときはおかゆも食べられず、戻さず口にできるのは少しのジュースとゼリー飲料のみというカブトムシのエサのような食生活でした。
高熱でぼーっとしつつ「ああ点滴受けたい…」と思いながら寝てました。
なのに体重がまったく減ってないってのはどういうことですかコレ。インフル損ですか。

しかし滅多に熱が出ない体質のところに持ってきて、考えてみれば人生で初インフルエンザ。
相当体力を削られた上に折しもテレビでは連日「感染列島」のCMをやっていて、たいへんに心細い思いをしたんでした。

やっと鍋焼きうどん程度までは食べられるようになり体力は戻ってきたのですが、もともと右耳が中耳炎になりやすくどうも今回の高熱でちょっと三半規管をやられたらしく平衡感覚がおかしくなってます。
早く完全復活してボール蹴りたーい。結局そこかい。
[PR]
by michelle_s | 2009-01-18 22:44 | 体調不良系

ねずみデケー

これは貼らずばなるまいて…

ちなみにうちの猫3匹はネズミを見たことがないので、ネズミにどう反応するか知りません。
前にゼンマイでうごくネズミのおもちゃをけしかけたらえらい不評だった、ていうか逃げました。

これも好きな動画

[PR]
by michelle_s | 2009-01-05 23:45 | どうぶつ系

お正月終了

あけましておめでとうございます。
お久しぶりでございます。間が空きました。実は、引っ越しをしていたのです。
まだ家の中が実写版「倉庫番」になっていて何がどこにあるかよくわかりません。
その荷物のなかから例のゲーフラを発掘して昨日等々力、今日三ツ沢と藤枝東の応援に行っていたわけです。
a0033423_21303817.jpg

結果
大津(熊本) 3-2 藤枝東(静岡)
三ツ沢のバックスタンドで私の正月は静かに終わったのでした…

まあ、今日の内容は普通に走り負けかと。今年のチームは大石新監督のもと、パスサッカーから走るサッカーに変わったと聞きましたが、相手はそれ以上に走っていて東高はリアクションサッカーになってしまっていたように見えました。
そして大津のワントップの9番黒木君と交替で入った15番藤崎君が速く、チェックしきれずにかなり自由にやらせてしまってました。前半のうちに2点取られてしまったのが痛かったですね。
大津の方はのびのびプレーしていて(時々のびのびを通り越してプチJリーガー気取りに見えてイラっとしたときもありましたが…三ツ沢のピッチレベルの席は選手の表情までよく見えるので)、野洲が優勝した時のような雰囲気がちょっとあるので次の試合も注目です。

しかし、今日残念だったのは現役の東高在校生の応援の声が小さかったこと。
チャンスのとき、選手が傷んだとき、カウンターのときに声援が後押しすれば会場の雰囲気も変わるのに、試合を見てしまっているのか無言の時間が長かったです。
セットプレーになるとさすがに応援が出るのですが、女の子の声しか聞こえない…
私が高校生の頃と違って女子比率が増えたとは言え、半分いるはずの男子は何をやっておるのですか。腹から声出さんかい、腹からぁー。サッカー部員と吹奏楽部だけしか来ていないっぽい大津高校に音量でも負けてるとはなんたることですか。
静岡からバスを連ねて、音楽部はわざわざ楽器を持ってやって来たのに、ちゃんと応援しなくてそのまま試合も負けて、あんたっちゃ悔しくないだかね!!と思わず志太弁で喝の一つも入れたくなるというものですが、スタンドの在校生たちは割とさっぱりしたものでした。これが最近の高校生というものか… それとも強制参加で来てるだけで、サッカーあんまり好きじゃないのかなあ。

そういったわけで胃が痛くなる展開のリアクションサッカー、煮え切らない応援というどこかのJ1チームの試合で感じるのと同じつらい思いを、正月から味わったのでした。
ピッチ上の選手たちはそれでもグラウンドに倒れこむほど頑張っていたので、彼らを責めるものでは決してないですが、応援する側が「選手権に出られて当然」と思ってるんだったら選手がかわいそうというものです。古い卒業生の感傷なのかもしれないですけれども。
[PR]
by michelle_s | 2009-01-03 22:17 | サッカー/フットサル