凡庸なるがままに。


by michelle_s
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

1週間ダイジェスト

 更新期間が空いたので、ここを見てくれてる関係者のみなさんに1週間のダイジェストをばお送りします。
 ここんとこ、今仕事で担当しているプロジェクトがもうちょっとで終わる…と信じて頑張ってるのになんだかんだとずるずる伸びてしまっていて、そんな感じで平日は基本的に10時、11時に帰れる(プログラマやデザイナさんはもっと遅いとは思うんだけど、私の基準では深夜)状況でした。夕飯を食べ損ねたりもちょくちょくあったので、ちょっと痩せたのはいいんだけど力が入らない。毎週土曜のバレエの時間でも身体が上がらない。生活のリズムはやっぱり重要、と思った次第。

 そしてそんな状況の中、25日(火)は会社のフットサル大会@二子玉川。この日ばかりは職場を早めに脱出し、私はGKだけを男性にお願いした女子チームにて参加。ポジションはフットサル用語では「フィクソ」、最終ラインでにらみを効かせる役。うーん、でも2枚以上攻撃に上がって来られると防ぎ切れんですぜ。なるべく声をかけつつ、中盤の人も相手をフリーにしないように頑張ってはみたんですが。4試合あってそのうち私が1回も出なかった試合のみが女子チームの勝ちだった(笑)こ、これは…わたくし、戦力外なんでしょうか?
 女子チームの順位は14チーム(他は男子チーム)中11位。最下位から浮上はしたけどちょっと悔しい、という位置なので、もっとこのチームで練習をするべきでしょうね。女子チームで外の試合に出るっつうと… 女子オンリーメンバーにして、ゴレイロ(GK)も女性にしなくちゃいかんということは…私以外いないだろうな。体格的に。SDGK(スーパーどんくさいゴールキーパー)になるけどいいですか。ま、みんな「もっと練習したい!」という気持ちが高まっているので。打倒アイドルフットサル目指して練り上げましょう。

 その後は金曜までまたも残業祭りを続けて、昨日は病院に行った後夕方はバレエ。疲れすぎてて身体の中心が取れない感じ。しかもたまたま昨日はバリバリの経験者の方が二人参加していたのでセンターの振り付けでへこむ。レッスン後先生と「人と較べても意味がないのでよくないですよ」「自分のできる範囲で一番高いことをできるように頑張ってるんでスけどね…」というお話をした。人より上手く踊る、じゃなくて今日はこれをやろうと思っていたことができるのが「達成」なのだと思うんだけど、調子が悪いときはそんな気持ちに入れずにダメスパイラルに落ち込んじゃうんですよねー。
 フットサルでもバレエでも、運動が苦手なデブが35歳から初心者で頑張るという、「なにそのやめといたほうが無難なコンセプト」ということになっちゃってますので最近はそれで頭がいっぱいになってます。ここで乗馬を復活させたら3倍満。まあ、悩むのもそれはそれで楽しいものですが。

 そして今日、日曜はそのバレエの先生のダンスチームが、八景島でショーをやってらっしゃるとのことで出かけてきました。しかし、明日は夫の誕生日なので、「水族館ラリー」なる企画にして、まず昼頃には三浦の京急油壺マリンパークへ。八景島のイルカショーは前に見たので、こっちも見とこうということで。油壷は施設が大きくないので、魚をみてイルカを見たら終わり、という感じなのですが、テーマパークというより、相模湾での魚類の調査研究、保護という役割を前面に出しているようで、その研究の歴史などの展示が興味深かったです。昭和天皇の論文なんかもあったし。でもアオウミガメプールはもうちょっとゆったり作ってあげたいなーと思ったり。アシカプールは距離が近くて面白いけど。
 イルカショーは会場が屋内なのでちょっと驚いた。アクロバット的なものよりは寸劇仕立てで、アシカ・イルカがショーの段取りに慣れている感じがした。八景島ではイルカとトレーナーが一緒に水に飛び込んでいたりしてアクション満載だったので、ここではそれがちょっと物足りなかったかもしれないけど、トレーナーさんを載せられるほど大きなイルカがいないのでつらいところかもしれない。その分演出は頑張ってました。

 さて、渋滞を越え、八景島に到達し、ダンスの先生は何処。と探していたら、トルコ料理の屋台の一角が「パラダイスガーデン」となっていて、そこでやるらしく、ポスターが貼ってありました。うん、よく見るとはじっこに2畳分ぐらいの台があるね。ここのスペースがステージ…?先生のチームって4人だったような…?と思いつつもケバブサンドをかじってビールを飲んでいたら先生のチームMOCABICが登場。おお、セクシーですな!実はスポーツクラブのレッスン以外、先生の踊っているお姿を拝見したのは初めてだったのでやっぱりプロだなー、かっこいい!とほれぼれしました。心配した狭いスペースも効果的に使っていたし、フードコートの一角なのに次々早着替えしてメンバーが入れ替わり登場し、退場時にアクロバットなんかもされてて、状況がどうでもショーを成立させるプロってすごい!と思ったのでした。
 で、プロの仕事、というか自分が満足できることをするためには準備、練習、自律、などなどが重要だと今更ながら思ったわけで。どれもこれも苦手項目だけど、やっぱりやるよ俺!(萩本風)
 といいながら月曜日がきたことににため息をつくのであった。はー。
[PR]
by michelle_s | 2006-07-31 01:00 | チラシの裏

また寝違えた

 明け方にうつらうつらしていたら、左の肩甲骨あたりに痛みを感じた。寝たまま身体を動かそうとしてみたけど、案の定起き上がれないし首も回せない。あー、また寝違いですか… 痛いんだけど、それ以上に疲れていたので、そのまま痛いなあと思いながらも、昼まで寝てしまった。そうしたら今度は起き上がれなくなった。寝返りひとつ打つのにも、ちょっと筋肉を動かしただけで筋肉の間に針金を突っ込まれてグリグリされているような痛みが走る。うーんうーん、痛いよう。と、大騒ぎしてやっと起き上がったのに、傍観者(=夫)にはこの痛みが伝わらない。ええい、笑っとらんでツボでも押さぬか。
 大学のときぐらいから、たびたび身体を動かせなくなるほどの寝違いを起こすようになったんだけど、これはやっぱりストレスが原因なのですかね。筋力不足とか冷えとか、要因はいろいろあるとは思うんだけど。以前整形外科で神経ブロックの注射を打ってもらっても、寝違いの痛みにはあんまり効かなかった。いったいどこが痛んでるのか謎だ。そして、あまりにも生活に支障が出るような寝違いを起こすので、一昨年百貨店の枕メーカーのコーナーに行って、奮発して自分の頸椎の高さに合わせたオーダー枕を買った。それでも寝違えるときは寝違えちゃうんだよなー。
 今日はツボを押しまくって、せんねん灸を据えてゆっくり筋を伸ばしたら少しだけマシになったことはなったんだけど、まだ首が後ろにそらせない。あと、急に振り向いたりとかも無理。こんなんでヘルメットかぶってバイク乗って大丈夫なんだろうか。さらに火曜日は会社内フットサル大会なんだけど走ったりできるんだろうか。絶好のヘディングのチャンスが来ちゃったらどうしよう。なんてゲームでヘディングしたことは一度しかないけどね。さ、肩をシャワーであっためて寝よう。
[PR]
by michelle_s | 2006-07-23 23:12 | 体調不良系

ガンプラ企画

 あまり仕事忙しいと言いたくないのだけどここ一週間はきつかった… 今日は夕飯を普通の時間に食べ損ねて、帰宅後11時半過ぎに食べたのでまだ起きてます。が、お腹が痛くなってきました。納豆ご飯しか食べてないのに。
 ところでなんですかこのフロンターレmeetsガンプラって。誰がこの企画考えたんだ。そしてこれを組んで塗装しているのは誰なんだろう。職員の人がせっせと塗装しているのかな。選手が自分でやってたらちょっと萌える。言ってくれればグフとアッガイぐらいは手伝ったのに。
 最近遠くのジュビロより近くのフロンターレに心を惹かれる感じがするのでこれが遠距離恋愛の原理なのかと思います。
[PR]
by michelle_s | 2006-07-22 01:15 | 模型

見栄とSNS的なモノ

 昨日会社のPCのiTunesを起動したら知らない人のプレイリストが表示されていた。知らない人だけどうちの会社のネットワーク内の人ってことだ。友達でもない人のプレイリストが表示されているのは気になるので、表示させない方法を調べたらこんな記事にぶつかって、これはちょっとイヤだ。

『iTunes』のプレイリスト共有機能で問われる音楽センス
職場に広がる「音楽プレイリスト不安症」--米研究者が発表 - CNET Japan

 うへー、プレイリストでその人がダサいかどうか決めちゃうってことでしょ。それを気にして自分のプレイリストの編集に必死な人がいるかと思うと、その行為自体が痛いというか中二病じゃんという気がする。とは言え、これが自分のことだったらと思うとおそろしい。私のiTunesの中のアタック25のテーマソングを見た人が、実際私にあって「ふーん(笑)」という感想を抱く、なんて考えただけで引きこもりたくなる。あえてネタ曲ばっかりのプレイリストを公開するという手もあるけど、それも太宰治の「人間失格」の「ワザ、ワザ」みたいだしなあ。プレイリスト公開しなきゃいいだけの話だが。
 mixiの日記とかプロフィールも同じで、見栄を張って自分の看板を出す行為こそがソーシャルネット的なつながりを生み出すのかもしれないけど、率直に疲れると思いますね。そこに重きを置かないから私はオサレではないのでしょうが。どうせダサいからいいや。
 実は最初に書いたプレイリストは、「DJ****」と名前がついていて、一瞬なんともいえない気持ちになった。だからリンクした記事を発見した時にはやっぱりそうなってっちゃうよなあ、というのと、記事になってるってことはこのプレイリスト共有が浸透してるコミュニティでは、お互いちょっとダークな気持ちというか、ルサンチマンを抱きながらプレイリスト共有してるんじゃないのだろうか、だとしたらやな感じだなあなんて思ってしまったりもしたのだった。そう感じる私が一番病んでるということか。一言で言うと「共有うぜえ」と思ってる人がいるんだな、と。
 別に誰がどんな音楽聞こうがよいではないか、と思ったけど、例えば浜崎あゆみだらけのプレイリストを公開してる人がいたとすると、この人は夜中にドンキホーテ行きそうだなあと思っちゃうだろうな(笑)。なんにしてもネットワークに自分を開放するのはほどほどに、そしてこういうツールってあざとい使い方はしない方が精神衛生上よさそうだと思ったってことです。
[PR]
by michelle_s | 2006-07-20 00:46 | Macとかネットとか
 以前は怠け者の私にしては熱心に乗馬に通っていた。まあ、典型的な週末ライダーで、競技指向でもなかったので、レッスンそのものを楽しむ感じだったが。比較的集中して通っていた乗馬クラブもビジターとして通っていたので、教わっていた先生がそこを退職されたと同時に足も遠のいた。
 その後失業などの「オレバブル崩壊」を経て、まったく馬に乗る機会がなくなってしまったのだけど、ここ3年間の再就職から結婚の期間には年に1、2回観光外乗などで、夫を誘ってのんびり馬に乗ることはしていた。
 それがここに来て突然、夫が「連休中に馬に乗りたい!」と宣言したのであった。たぶん、外乗で馬に乗せられてる感を強く感じたので、ちゃんとした基礎を学びたいということなのかと思い、以前行ったことのある茨城のブリティッシュのクラブにビジターとして今日行ってきた。
 実はここ、バブル崩壊前に入会金を払っていたのだけど、2、3回行っただけでその後のドタバタでそのまま行けずに時間がかなり経っていた。名簿を見てもらったらなんと入会は7年前のことだった。
 ほんの3、4年と思ってたら7年か…とショックを受けていたら、持ってきたブーツはジッパーがダメになっていて履けなかったので、仕方なくハーフチャップスをお借りしてスニーカーの上に履いた。ヘルメットも、かぶろうとしたらダメになったスポンジがはらはらと舞散ってきた。見た目よりも道具のダメージに先に気がつかないのがダサい。いかにメンテなしで長時間しまいっぱなしだったかということと、道具を大事にしない人間は上達しないということを思い出ししょんぼりする。

 レッスンは、前日の予約時に「私は5年ぶりでその前も初級者、夫はまったくの初心者」と伝えておいたので私は初級部班、夫はロンジングで軽速歩の練習。練習がはじまれば人の方を見ている余裕などなく、記憶をものすごい勢いで検索しながら慎重に馬に乗った。しかし、やはりレッスンが5年ぶりともなると、ストレートに弱点が出るもので、輪乗りがへたくそ、拳が堅いのと、鐙が踏めないのが目立ちまくっていた。何よりも馬場の鏡に映る、自分のキュロット姿の腹が一番ショックだったのだが…
 やっぱり1回乗ると次はその弱点をうまく抑え込んで乗りたい、とか思ってしまうわけで、行く気まんまんなのですが。夫の意向いかんなんだけど、やはり上達したいようなので交渉は楽かも。
 というわけで、乗馬に帰ってきたぜ。とはまだ言い切れないんですがようやくちょっと再開に向けた気持ちになってきた、といったところです。
[PR]
by michelle_s | 2006-07-17 03:02 | どうぶつ系
 まだジダンの件で気分が晴れません。フランスのニュースサイトとかL'equipeのwebとか見てるんですが、「キレるのもジダンの性格だってわかってるけど、でも…」という論調。
 私としても頭突きしたことは肯定しないし、ジダンには我慢してほしかったけど、今回のワールドカップってマテラッツィといいクリスチアーノ・ロナウドといい、サッカーって、相手を挑発してレッドカード出させたもの勝ちっていう面が強調されたような… そんなサッカーつまらんよ、と思う私はサッカー好きじゃないんでしょうか。腹立てた方が負けってことなんだろうけどさ、そういうのはワールドカップでやらないでほしいと思うのはワールドカップに夢見過ぎ?坊やだからさ?フェアプレイプリーズとか、SAY NO RACISMって言ってたって挑発した側が丸勝ちなんじゃとんだ茶番劇、と思っちゃうんですが。

 と、しょんぼりしていて、心が明るくなったのはガットゥーゾのブリーフ姿を見た時だけだぜ。とか書いてまた夫に注意される。
[PR]
by michelle_s | 2006-07-12 00:45 | サッカー/フットサル

なにィ

 実を言うと、後半終了時点で寝ちゃってたんです、ワールドカップ決勝。
 
 …ってなによ!
 ジダンが頭突きで一発レッドって最後に何やってんですかヤジッドさんーーーー!!!
 後半終了時の薄れ行く意識の中で、こりゃPK戦になりそうだな、そしたらバルテズよりはブッフォンのほうが勝ちかな、と思ったのでフランス負けというのはさほどショックではないんですが、その想像のあまりに斜め上を行く事態が起こってて驚き。…あのジダンが最後で 頭 突 き 、というショックは相当大きい。会社休みたくなってきた。
 前にも確か一発レッドやってた記憶があるんだけど、私はジダンファンだから、現役最後でやっちゃうってのはマテラッツィにいったい何言われたんだろうと気になる。
 レッドカードまでの経緯を録画で見るか、と今HDDレコーダ確認したら録画失敗してんでやんの。なんで最後になってこんな呪いが発動するんでしょう。
[PR]
by michelle_s | 2006-07-10 08:44 | サッカー/フットサル
 動物ネタですがサッカー関連です。
 ストレス解消でビール飲んでサッカー板を見てたらなんとも魅力的な話題を発見。

●【マリンワールド海の中道ニュースリリース】カリフォルニアアシカがアビスパ福岡の選手へ挑戦状を出しました。 
http://www.jsgoal.jp/club/00034000/00034939.html

●マリンワールド海の中道 カルフォルニアアシカからの『挑戦状』に関しての回答について
http://www.jsgoal.jp/club/00034000/00034940.html

 アビスパ、受けて立っちゃうのかよ!あー、海獣好きの私としては是非見てみたい。夫の実家が福岡なので明日福岡行きたい。
 
 ところでアビスパは元藤枝ブルックスな訳ですが、もうブルックスのかけらも残ってないのでブルックス返して下さい(中央防犯は社会人リーグで存続してますが)。地元のサッカーを盛り上げる気のない藤枝市役所は反省して下さい。
[PR]
by michelle_s | 2006-07-08 00:43 | どうぶつ系

リベリー物語

 ドイツ大会のフランス代表の試合を見ていて、リベリーが気になった。代表がほぼ旧植民地出身の黒人選手ばかりになった中では目立つというのもあるけど、いわゆるハングリーな匂いがしたので。フランス版ウィキペディアやファンサイトで調べてみたら、
●ブーローニュ・シュル・メールの貧乏な家に生まれる
●2歳の時に親の車で事故に遭い重傷を負う。顔の傷はそのときのもの
●その傷で子供時代はいじめられる
●貧乏なのでストリートサッカーで技を磨く
●苦しい境遇を打破する可能性がサッカーだった
●奥さんがイスラム教徒なので自らもイスラム教徒に。イスラム名はビラル
 涙なくしては読めないこの少年時代(イスラム教は関係あるか知りませんが)。そして、ユース代表にしかなったことがなかったが、世論の「リベリーを招集しろ」に押され、ワールドカップでA代表に選ばれてスペイン戦でゴールを決めた、と。
 …ちょっと少年マガジン、日本代表のなんとか物語よりもリベリー物語を載せなさいよ!ついでに「少年時代は貧乏でお供え物を食べたり川で魚を捕っていた」安貞桓物語も一緒に!って、今私のことえり、「あんじょんふぁん」って一発変換したんだけど何故。
 リベリー、今どきのフランス人にはちょっとないような生い立ちだったんだなあ。そりゃハングリーな感じもするよね。サッカーってフランスではあんまりエスタブリッシュメントな人たちは見ないらしい。ということは、サッカーファン層にはリベリーは共感されるような気がする。
 生い立ちの話だけじゃなく、あの攻撃的なところは今の守りのフランスサッカーでは貴重だと思うので、決勝では持ち味を生かしてほしいと思います。
[PR]
by michelle_s | 2006-07-06 23:42 | サッカー/フットサル

フランスキテタ

 わたくし、睡眠を何より優先するのでワールドカップはHDD録画して朝起きて2倍速で見る集中学習をおこなってます。
 いやー、心情的にはフランス派の私もフランスが決勝まで来るとは正直びっくりだい。これがジダンの花道を飾りたいフランス代表の感動力というものなのでしょうか。
 でもポルトガル×フランス、入った1点がPKってのがつまらないなー。決勝トーナメントになってからファウル→PKで試合が決まっちゃうパターンが多くない?ポルトガルは結構攻めてたけど決めきれてないのか、フランスがニョロッと守ってたのか…
 決勝ではせっかくワールドカップなんだからいわゆる「スペクタクルなサッカー」ちゅうものを見てみたい。でもワールドカップだからこそ堅実サッカーになっちゃうんですかね?
 これからたぶんTVのワールドカップ番組ではジダン感動物語演出を激しくしそうだけど、自分なりにジダンの姿を目に焼き付けたい。と思います。
[PR]
by michelle_s | 2006-07-06 09:08 | サッカー/フットサル