凡庸なるがままに。


by michelle_s
カレンダー

<   2005年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ひさびさに

 ガンプラ作りました。
a0033423_0253857.jpg

 (右のちっこいのじゃなくて、左のHGガンキャノンね)
 モニタの上に色々置けるのがCRTのいいところ(本当は液晶のデュアルモニタに換えてほしいんだけど)。
 また、相変わらずのコピックやっつけ仕事も、あまり詳らかに写さないのが携帯カメラのいいところ。
 そしてこのようなデスクが珍しくもないのが今の勤め先のいいところ。

 ぼかぁ幸せ者です。

 ちょっと作る気が再燃してきたので、今週末は給料日前でもあることだし(泣)引きこもって在庫でも減らしますか。 



 
[PR]
by michelle_s | 2005-03-30 00:31 | 模型

パチンコがわからん

 今日は雨なので久しぶりの電車通勤だった。で、中吊り広告というものも久しぶりに見たんだけど、パチンコ情報雑誌の見出しに書いてある色んな機種の中に

CR華原朋美とみなしごハッチ

ってのがあった。私はパチンコとかスロットは一切やらないのでよくわからないんだけど、それでもCR水前寺清子だの、猪木だの(近所にパチンコメーカーのショールームがあるのだ)とにかくパチンコ台がワケのわからないことになっていることは知っていた。それを差し引いても何このシュールな組み合わせ。アイロン台の上でこうもり傘とミシンが出会う以上の前衛っぷりだ。
 イメージとしてはちょっと忘れられかけてるけど、でも割とみんなに知られているキャラがパチンコに使用される率が高い気がする。それでトモちゃんか。でも吉幾三とエヴァンゲリオンと三島平八が共存する世界って、キャラなら何でも引っ張ってくりゃいいってもんなのだろうかパチンコ業界。
 そう考えると純粋にパチンコ業界発の海物語シリーズはえらいな。マリンちゃんフィギュアとか、いらないけどな。 
[PR]
by michelle_s | 2005-03-29 00:21 | チラシの裏

メモ

 今身支度をしながら口ずさんでてふと思ったんだけど、
「ドロロンえん魔くん」
のOP曲と
「マリリン・モンロー・ノーリターン」
ってコード進行が一緒なのではないでしょうか?

 両方知ってる人いたらコメントプリーズ。
[PR]
by michelle_s | 2005-03-28 10:06 | 音楽と映画

さて

 テレビ中継、もっと淡々とやれんものかのうと思いつつ始まったぜイラン戦。

 あれ、ピッチ脇に並んでいるペットボトルは?ん?…右サイドバック加地くん?
工エエェェ(´д`)ェェエエ工


いやいいんだがんばれ日本。

-----
 負けたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 イラン人のヒゲとコーランに負けたーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by michelle_s | 2005-03-25 22:53 | サッカー/フットサル

読み飛ばし推奨

 ニンテンドーDSのグラファイトブラック、発売日にヨドバシカメラからキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
a0033423_11171730.jpg

 まだソフトはパックピクスしかないのだけど、最初から使えるピクトチャットで小一時間、自分ちのねことか、バカボンのパパとかを書いて喜んでた。ひとりで。それはチャットじゃないじゃないか。
 DSが発売されてすぐの時期、職場の昼休みはDS麻雀大会が催されていたのだが、そこに入れず寂しい思いをした。満を持して参戦!と思ったがもう誰もDSを職場に持って来てない(´・ω・`)。
 実はコレ、誕生日に相方に「新色のDSが欲しい!(`・ω・´) シャキーン」と言ってみたらなんと買ってくれて、でも相方は貴金属なんかを買ってくれるつもりだったらしい。その話が家の母と妹に伝わって「アンタは35にもなってもう…」と呆れられた。
 けっ、結局惚気かよ。この恋愛資本主義に毒されたバカ女が。と思われても仕方ないが、欲しいよー欲しいよーと言っていたものを贈ってもらえたその事が嬉しいのであって、神社の「献灯」みたいに「寄贈○○××」みたいに名前でも彫っとくか。だみだ、書けば書くほど外から見たらムカつくエントリになっていくのでおしまい。
[PR]
by michelle_s | 2005-03-25 11:31 | チラシの裏

今週のイブニング

 あれっ、イブニングって隔週刊だったっけ。まぁいいや。久しぶりに買ったからチラシの裏に書く感想を書きます。
 昨日安野モヨコの「花とみつばち」をちらっと引き合いに出しちゃったから、「働きマン」についても書かねばなあと思ったのですがそれはまた後日に。個人的にはイブニング連載の「さくらん」のほうが「働きマン」より面白い。少なくとも私が安野モヨコに読ませてもらいたいのはこういうまんがです。
 
 巻頭の新連載「浪速グラディエーター」、大阪が大阪民国になっちゃった!という設定はまたネットからパクっちゃったわね、と思ったけどそれ以前に登場人物の大阪弁がひどすぎます。リアル大阪人にブラッシュアップしてもらえば良いのに。こういう詰めが甘いと物語に入っていけないから、いきなり損してると思うんだけど。
 菌が見えてしまう学生が主人公の農大まんが、「もやしもん」は初めて読んだけど面白いね。作者はかなりの菌萌えなんでしょうな。ただ、アフタヌーンに載ってたほうがじっくりコアなファンに愛でられるような気もするけど。
 
 それにしても「クロ號」の淡々とした無常観が溢れる最終回… ねこ飼いとしては今後単行本の表紙を見ただけで涙ぐんでしまうような、フランダースの犬級の悲しさでした。うちにいるのが同じ黒猫だけに、久しぶりにまんがでマジ泣き。なんていうか、このひとのまんがは同じイブニングの後ろの方に載ってる「○犬Rocky」にしても、人間は動物と一緒に暮らして愛玩しているつもりでも、動物とは本質的に同じ生は生きられないし、動物の方が早く去ってしまうっていうせつなさが伝わって来るのですよね。
 単純に「ねこカワイイ」という気分になりたいときは「チーズスイートホーム」で気分をアップさせればいいんだけどね。動物と暮らすこと、の精神面への影響は諸刃の剣。素人にはお薦めできない。

----
「電波男」に関連して、独身女サイドからの「読まずに脊髄反射で『キモっ!』」という以外の文を書こうと思ってるんですが、やっぱり酒井順子の「負け犬の遠吠え」読まないとダメですかねえ。いやだなぁ。印税落とすのヤだからブックオフで買おうかな。
[PR]
by michelle_s | 2005-03-24 10:17 | まんが
 「電波男」エントリ「葉っぱキロク所」さんの「電波男リンク集」に載せていただいたせいか、レイザーラモン住谷に関するエントリを書いたときぐらいにカウンタが回ってます。
 ところで、以前の日記に書いたように、私とて「電車男」のログをまとめサイトで初めて読んだときには心を動かされたものです。ネタかガチかという話は依然としてあるけれども、喪男板の人たちの書き込みは事実あったことだし。その後の出版化、映画化という流れにはそりゃちょっと違うんじゃねえの、と思ってましたが。この違和感は、ネットでの自然派生的な話だったはずの「電車男」が、本田さんの言う「恋愛資本主義」にオタクを取り込むツールになってしまったことへの違和感だったことが、「電波男」を読んで腑に落ちたのですが。「電波男」や「しろはた」を読むまで、「電車男は脱オタクしなければ愛は得られなかったのか?」という視点に思い至らなかったのは私の不明でした。
 でも男女関係の端緒を左右する大きなファクターが「まず見た目」であることは、悲しいけどこれ戦争なのよね、じゃなかった今の世の中なのよね。この点に関しては、「電波男」の内容に賛同する私も、実はあまり悟りきれておりません。「電車男」を最初に読んだときも電車男氏が服装や髪型に悩む姿を見て安野モヨコの「花とみつばち」みたい(「花みつ」や「美人画報」についてはいずれ書こうと思いますが)だ、と微笑ましくすら思っていましたから。
 だからあまり「電波男」にシンパシーを感じるだの、理解できるだの書き連ねたところで実行できていないのならそれは偽善なのかも、と言う気もしています。
 うまくまとめられませんが、「電車男」に対する評価が変わったことは書いておかねば、と思ったのでこんな感じで。
[PR]
by michelle_s | 2005-03-22 23:21 | Macとかネットとか

ダークサイドヨコハマ

 連休は静岡に帰ってたんですけどね。

 土曜日、静岡に出発する前に我が愛車AX-1のシートが切られているのを発見したのだった。以前、リード100のシートもアパート前で切り裂かれた。さすが横浜でもハードボイルド地帯の多い中区だけのことはあるが、純粋にムカついた。
 それよりも気になるのは、同じ場所にあったほかのバイクには被害がないということだ。標的が私個人、ということになれば、どんどん嫌がらせがエスカレートして、命にかかわるような細工をされかねない。バイクが見える場所に防犯カメラでもしかけておこうかしら…(´д`;)

 犯人に告ぐ!私はオマエ以上に根に持つタイプだゴルァ!
[PR]
by michelle_s | 2005-03-22 08:24 | バイク
 「電波男」、予約して発売日に7andYで購入しました。
 さくっと検索してみるとかなりの数のレヴュー、感想がネット上に上がっている模様。ただ、読まないで「おたく」「負け犬女」「二次元」「萌え」というキーワードにだけ反応して書いてるっぽい文もちらほらと見受けられるような気がする。
 まあ、私は社会的な属性は三十代独身子無しの立派な「負け犬(笑)」ではありますが、この本の内容にいちいち共感するようなOSがインストールされてるので、すんなり読めてしまう。しかし、自分が「『おたくではなくて普通』だと思っている人」には、この本の内容(加筆: 「読んでいない人は」という主旨だから、「内容」じゃないな。ネットにある感想文や紹介文などの、二次的な内容紹介、と読み替えてください)は、本文の最初の方や紹介文に接しただけでは、深くて暗い川の向こう側にあるように思えるのだろうなあ。一言で言えば、「おたくキモっ!」と思うだけなんだと思う。
 ただね、キモいと言う前にきちんと読みなさいよ、と言いたい。文体はおたくの文脈に慣れていないひとには戸惑うかもしれないけど、書いてあることはタダの「おたくの開き直り」ではないことは、読解力のある人ならわかることだと思う。たぶん、その近づきがたさを醸し出している文体というか、インターフェイス自体を、「おたくっぽくなく」すればいいじゃないの、と「一般人」は思うのかもしれないが、そこまでこっちから近づいてやる必要がどこにあるのかとも思うわけで。

 思うに、“おたくであること”はそれほど特別なことじゃないわけですよ。なのに、一連の「電車男ブーム」は、おたくというマイノリティ(実はサイレント・マジョリティであるにも関わらず)でも、恋愛というシステム(というよりは、本田さんの言う「恋愛資本主義」)に組み込まれることが可能だというキャンペーンだったわけです。この本はそのキャンペーンを、自分たちの既存の構造の外にあるネットから掠め取って利用しているマスコミ、キャンペーンに乗っている「一般人」に、「お前らのやっていることはお見通しだ」と言っているんだと思うのね。
 だから、この本は「二次元萌え」を奨励していたり、開き直っていたり、おたくだけが正しい、と言っているだけではないので、「おたくの勝利宣言」という持ち上げ方も実は的を射ていないように思う。

 熱く語っちゃいましたが、私は思いっきり著者の本田さんのサイト、「しろはた」に投稿したりしてる、思いっきり「電波男」サイドの住人なので、単なるマンセーコメントと取られても仕方ないですね。
 まあ、何か言うならあとがきまでちゃんと読んで言いなさいってこった。
[PR]
by michelle_s | 2005-03-19 10:35 | Macとかネットとか

ああユニクロだとも

 こないだユニクロに行ったら、「ミュージックコラボTシャツ」なるものを販売していた。

 ラディック

 パイステ

 全国のドラマーはユニクロに走れ!ていうか走らなくてもリンク先はオンラインショップ!
 ちなみに私はラディックのを重ね着用にM、パイステのは夏に着ようとSを購入。メンズだけどぴったりフィット。ユニクロ伊勢佐木町店ではラディックはほとんど在庫がなくて、パイステは豊富に余ってました。
 ラディックのメープルのスネアがほしいけど買えないのでTシャツでがまん、ということで。 
[PR]
by michelle_s | 2005-03-17 09:23 | チラシの裏