凡庸なるがままに。


by michelle_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ジュビロ磐田( 43 )

Bem-vindo atras, Gilson

ちょっと時間が経ってしまったのですが、日曜日はうれしい日でした。

2010 J1 第12節 磐田 3-1 川崎

今日、ピッチに立っているジウソンの姿が見られると思うだけで試合前からテンションは上がりっ放し。
スタジアムに到着しスタメンを確認して、スタメンに入ってることを確認して更にテンション倍増。

キックオフ90分前の選手挨拶時に、バックスタンド最前列でジウソンゲーフラを持って待機。
ゲーフラにはポルトガル語で「おかえり、ジウソン!」と書いてあります。
すでにファン感の時に一回披露してるんですが、日本帰国時と試合復帰時の2回だけ使うためのゲーフラです。

挨拶時、感慨のこもった眼でスタンドを見ながら歩いているジウソンに必死でゲーフラを見せると、気合いの入った表情で親指をぐっと立ててくれました。
周りの人と「気合い入ってるからいつもの仕様でカードもらいそうだねー」と話しつつも、帰ってきてくれたことを実感し胸がいっぱいに。
しかし、まさか開始2分でいきなり復帰ゴールを挙げるとは…持ってるどころじゃないですよ。
と、冷静な風に書いてますがその時の私は出来過ぎと言ってもいいシチュエーションに泣くわ膝はガクガクするわもう壊れまくってました。

その後のジュビロのサッカーも今シーズン1番の楽しいイケイケサッカーで、やはりジウソンがいると攻撃に厚みが増しますね。前半終わった時に近くの人たちが一斉に「やっぱジウだねー」って言い始めましたから。
ジウとチュホの左サイドの運動量でかき回して、駒ちゃんが右サイドからガンガンクロスを上げ、グノがタメを作って前田にアシスト、と思い出すだけでにやけてきます。
ジャイキリでコータが言ってた「父ちゃん…おれ初めてETUのサッカー面白いと思った」状態でした。
カンジンも今までで一番よかったしな〜と思っていたらサッカーマガジンではMOMになってました。
ただジウ、復帰1試合目なのに試合中に何回も接触してるので見てる方はハラハラですよ。その熱いところが好きなんですが「また怪我したら…」と思うと心臓に悪いのでご自愛下さい。

勝った試合後にやるようになったハイタッチもジウとできてうれしかったのですが、やっぱり長い時間の後でピッチに戻ってきてくれたのが一番うれしかったのでした。
それと、こんなにジウソンマニアな自分以外にも磐田サポが復帰を喜んでいたのがすごくうれしかった。
だからヤマハフットボールクラブは8番のタオルマフラーとリストバンドを今すぐ作って下さい。
[PR]
by michelle_s | 2010-05-19 00:41 | ジュビロ磐田

神戸行ってきました

すっかりtwitterでダラダラ書くのに慣れてしまってブログはごぶさたなんですが、そもそも考えをまとめて書いてるわけでもないのでこっちもたまには更新します。

ということで神戸に行ってきまして結果は以下の通りとなっております。

2010 J1 第11節 神戸 3-0 磐田


私は戦術眼ゼロなのでピッチ上のことではなくサッカーの周辺しか語れない泡沫サポですが、それでもたくさんの疑問が試合中から湧いて出てましたよ。

煮詰まってパフォーマンスが落ちてるグノに変えてなぜ荒田を入れないの?
カンジンを引っ込めてまでなぜ那須を一列下げるの?
松浦やカレンはどこ行ったの?
3点ビハインドで負けてるのになぜ最終ラインで延々横パスを出すの?
なぜ過去数試合のように金沢入れてチュホを上げず、負けている試合の90分近くでも横パスを出す選手を入れてるの?
試合ではパス回しじゃなくてゴールにボールを入れることが目的じゃないの?
勝ちたくないの?

前半の優位な時間帯に決められず、駒野のミドルがクロスバーだったときに流れが離れて行ってしまった感じですが、そこでパニックにならないでほしかったですね。
ジュビロが弱い部分である地元密着の強化も兼ねて可睡斎で座禅組んで砂丘で走るなどしてはいかがでしょうか。
試合後、チュホはぶそぶそして(静岡方言)帰って行ってたけど、あれは自分自身に腹を立ててるのだろうか、それとも…と気になりました。

まったくいいところなく終わった試合ですがサポーター的にもうひとつ悲しかったのは、これであの「前田だけ見えないメガネ」をかけている代表監督が「うむ!」と思っているのではないか、ということです。

明日から会社ではヘビーな会議3daysだし、月曜日が来なければいいのにと思う自分のメンタルが一番弱い、というお話でした。
[PR]
by michelle_s | 2010-05-09 19:12 | ジュビロ磐田

半年

か…
勝っ…
勝ったああああああ

半年ぶりですよもう!!
試合終了の瞬間はもう私も含め周囲の人たちもクタクタになってましたよ〜

色々と不安とか言いたいことはあるけど、ひとまず置いておいて別エントリで。
まずはビール飲みます(笑)
パク・チュホは愛い奴。前田愛してる。以上。
[PR]
by michelle_s | 2010-04-04 22:19 | ジュビロ磐田

心が摩耗する

2010 J1第4節 磐田2 - 3京都

今日の試合を現地・テレビで観戦したすべてのジュビロサポの皆様、お疲れさまでした。
私はぎっくり腰のため今日は家で観戦していたのですが…
…今の気持ちはすべてのジュビロサポと同じです。
ツートップがそれぞれ得点しても勝てず、しかも「このシチュエーション何度目?」な後半ロスタイムでの逆転負け。
晴れた土曜の午後のホームゲームで観客数が約7200人。へこむなっていうほうが無理。

プロのサッカークラブの命題は勝つことですし、継続的に観客を呼び込むには商品であるサッカーの興行そのものが楽しくて興奮できるものであることが不可欠でしょう。
残念ながら今のジュビロの試合をジュビロ側の立場で見ていてもマイナスの感情しか呼び覚まされないもんだから、そりゃお客さんも減りますよ。

特定のチームのサポーターを続けるってのは基本的にマゾじゃないとやってられないですが(というか最近のジュビロのサポはマゾを通り越して苦行僧の域に達してますが)、「いい時ばっかりじゃない」ってのをファンサービスやら地元愛やら試合内容やらで上手に砂糖でまぶしてお客さんに提供して、「ちょっと見に来た人」を引き止めて気がついたら立派なマゾサポーターにするのがプロのクラブの経営ってものだと思います。
で、そのためにいい試合をするのがプロクラブのチームの最低の条件のひとつだと思います。
これがもっと高いレベルになると常勝だの内容にこだわるだのになりますが、今のジュビロには適用されません。…がクラブ側の意識はまだ常勝の頃のようなので、現実との乖離に戸惑っているんでしょうね。戸惑うなって話ですが。

もうここ数年はリーグやアジアを制した頃とは違って、地方の、チーム力も財政基盤も弱い一チームだという現実とも向き合わなきゃならない段階なんですが、クラブが危機感を感じている姿勢が見えないんですよ。
それと実は負けと同じぐらい心にのしかかっているのがクラブとサポーターが「ファミリー」になってない状況なんですよね。なるなら今しかないと思うけど。
苦しい時もあるのがクラブチームでしょうし、それに対してサポーターも厳しい姿勢になるかもしれませんが、どうもジュビロは選手もフロントもサポーターに向き合うのを避けているような印象があってそれが気になるんですよね。
もっと色々な面で必死になってあがいてくれよ〜、すべてのことは有機的につながっているんだよ!

毎節ごとにあまりにもプロフェッショナルでないチームを目の当たりにして、どんどん心がすり減っていくのがわかりますがそれでも来週のガンバ戦は行きますよ。ジウソンの誕生日だし。
とりあえず監督、試合後のインタビューの話し方もプロ監督らしくしてください。
[PR]
by michelle_s | 2010-03-28 01:26 | ジュビロ磐田

今年も未開幕

4時間雨に打たれて、最初の1分以内の得点で決着がついてしまったゲームを見に行ってまいりました。
仙台さんはリベンジとかいろいろ期するところがあったと思うんですけど、「負けられない試合」にいともあっさり負ける近年のジュビロ仕様に拍子抜けされたのではないでしょうか。
しかし試合レベルは双方J2レベルだったなあ… 仙台、私は梁くんとエリゼウたん(横浜FCにいたとき好きだった)しか良く見えなかったすよ。もちろんジュビロはそれ以上にちぐはぐでグダグダでしたが。ジュビロが同じようなクロスしか上げないのでエリゼウたんが跳ね返すのが楽だったってとこでしょうか。

最近
テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人 日本はどうして世界で勝てないのか?
世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス〜イタリア人監督5人が日本代表の7試合を徹底分析〜
という本を続けて読んだのですが、読みながら代表のことよりもいちいちジュビロに当てはまることが多くて悲しくなってきました。
やっぱり基本になるコンセプトにブレがなく、チーム戦術が成熟しているチームであってほしいと思うのですが、ここ5〜6年の右往左往っぷりを見てると低迷しているのも当然だと思っちゃいますよ。

んで、「今のジュビロに必要なのはパラダイムシフトだ」とか言ってしまうのですが、しがらみやら形骸化したプライドやらでそれを実行できる環境になさそうなのがまたイラっとさせられます。
(自分の仕事環境にも同じことが言えそうなのがまた泣ける)

とりあえず毎年始動時期が遅いのと、今年はテストマッチ、プレシーズンマッチが少なすぎるのがもうほんとにやる気あんのかと…
そして開幕戦をテストマッチにしてどうするんだとスニーカーをぐしょぐしょにしながら思った磐田の午後でした。
やっぱり肝心のサッカーが面白くないと天気が悪けりゃ人も来ませんし、ワッキー&名波のトークも雨の中で聞いてても本当にすべるだけで痛々しいですよ。というか脇田すまない。
---
あ、でまた明日から1週間出張に行ってきます。こんどはアメリカです。若干めんどくさいです。
[PR]
by michelle_s | 2010-03-07 11:51 | ジュビロ磐田

終わりの始まり?

磐田新旧エース流出危機 前田にオファー
磐田が茶野と村井の今季限りの退団を発表

もう何も手につきません…

あれだけ強かった時期の遺産がこれほどまでに見事に残っていないこと、
数年前からこういう事態が来るのは予測できたのに有効な手を打てなかったことについて、
クラブには色々と言いたいことはありますが…
今は、サポーターの立場からでも今のジュビロには選手を引き止めるだけの要素がほとんどないと思ってしまうことがただひたすら悲しいです。

前田はどうしたら残ってくれるのであろうか…
肉ならいくらでも磐田サポが総力を挙げて買いますんで。
[PR]
by michelle_s | 2009-11-25 22:07 | ジュビロ磐田

まえだ…

対鹿島と同じく、さいスタでも2002年から勝てていないのね。

前田…
今や磐田の至宝と言っても差し支えないと思うけれど、今のジュビロにいることが彼のキャリアにとってプラスになるんだろうかと思った今日の浦和美園。

中山さんにも秀人にももちろんジュビロの選手としての思い入れがあるんだけれども、
選手への気持ちとチームへの気持ち、うまく折り合いをつけるのってどこかで区切りを付けないといけないので切ないですね。

でもやっぱり
お願い遼一、私たちを見捨てないでー!

今日試合後泣いてた選手、悔しいと思うんならもっとサッカーに精進してください。
というか私が帰ってから泣いたわ。
[PR]
by michelle_s | 2009-11-21 21:06 | ジュビロ磐田

疲労感

出張からは帰ってきております。
欧州に行くと帰ってきてからのほうが時差ボケが長引く傾向にありまして、つまりそういうことで今日は豊田スタジアムに行けませんでした。

しかしなんじゃこりゃ

2009 J1リーグ戦 第30節
名古屋 3 - 3 磐田

[得点者] 名古屋:オウンゴール、ケネディ、玉ちゃん  磐田:まえだまえだまえだ

0-3でリードしてからの、今日の川崎さんとの差といったらもう…
いや、ジュビロさんは6点差までセーフティではないというのは3月の時点で分かっていたことなのですが、クラブ通算1000ゴールをエースのハットトリックで決めたのにこのグダグダ感は他の追随を許しませんね。
ジュビロと当たるチームは1点さえ入れれば後は勝手に慌ててくれるんだから楽ですよねえ…
現地まで行かれた皆さんは本当にお疲れさまでした。

どうやら残留決まったみたいなのにこの達成感のなさはどうであろうか。
やっぱり勝つって精神的に重要ですね。

あ、そうだ。
スカパーのJリーグアフターゲームショー、磐田のGKは「八田(はった)」君で、「八田(やつだ)」君は横浜FCのDFなんでちゃんと区別してくださいね。
訂正がぜんぜんされなかったので、素で間違えているのだろうと思い切なかったです。
----

さてフランスですが寒かったです。すでに朝はマイナスの気温のところもありました。

ちょうど行ってた週にチャンピオンズリーグの第3節があったのですが、リヨンに滞在してたのにリヨンはリバプールに行ってました。ホテルのTVでは見られなくて次の日リバプールに勝ったことを知りました。
それでフランスのスポーツ新聞「レキップ(L'Equipe)」をパリへ移動するTGVで読んでたんですが、フランスのクラブがアンフィールドで勝ったのは初めてなんですと。次の日はボルドーがバイエルンミュンヘンに勝ってて、グループリーグとはいえ、パリで見たサッカー番組に出てたジェラール・ウリエもエメ・ジャッケも機嫌よさそうでしたよ。
レキップには日本のスポーツ新聞と違ってギャンブルもお色気記事も載ってないんだけど、自分がインテリだと思ってる人は外では読まないからTGVの中ではこいつアホやと思われたんでしょうね…

しかしなんだ、やっぱりフランスにはプライベートで観光で行くのが楽しいです。
今回はほとんど会議室とホテルと電車で過ごして、最後の日にスーパー行ったぐらいだったので特におもしろエピソードもなく終了。
あ、リヨンからパリへ向かうTGVの中でヒマだったのでジウソンに捧げる千羽鶴を折っていましたら、隣に座ったフランス人ビジネスマンがパリに着いて降りる支度をしてるときに「それはなんですか」と聞いてきたので説明したぐらいです。応援してる選手のケガがうんぬんまでは言いませんでしたが。
全然はかどらなくてあと200羽以上残ってますががんばるぞ。
[PR]
by michelle_s | 2009-10-25 23:16 | ジュビロ磐田

わたわた

明日というか今日出張に出発するのでわたわたしてます。
普段から整理整頓されていない生活のツケが今ここに。
スーツケース以外に、B5ノートパソコンが入る適当なバッグがなかったので、サッカー遠征バッグの中身をぶちまけて仕事仕様に入れ替えたら半券やら試合日程が出てきた…思い出にしばしふけり荷造りの手が止まる。

最近更新してませんがこないだの天皇杯以外はほぼ全部行ってます。
写真もたまってますがパソコン買い替えないと更新しないだろうなー…

で、昨日の鹿島戦。私の中では鹿島さん、
---
ホップ:雨の中の16分間、敗戦するも最初のキックで見事1点
ステップ:天皇杯、格下に1点差の勝利も終始攻め続ける
ときて
ジャ〜ンプ!:磐田ホームで0-3…
---
といわんばかりの勢いで勝っちゃうんでしょ?そうなんでしょ?
という負け犬根性シミュレーションができていたので勝ち点1拾えたのはまあよし、とも思うのですが
やっぱり勝ちたかったな…
まるで悪いときのジュビロ状態そのものの鹿島に勝たないでいつ勝つってなもんですよ。
また彗星軌道のように6年に1度ぐらい巡ってくる勝ち運を待たなければなりませんか?

20本もシュートを打って、きれいなソガハタさんにいっぱい止められた昨日の試合。不完全燃焼感は皆あったと思います。
最近の遼一とクノちゃんはお互いを活かそうとするのは良いんだけど、それがストライカーとしての一瞬の輝きを半減させてる気がするんですよ。
あとほんの少しエゴイスティックに、日向小次郎的にオレが決める!という気持ちの出た試合の方が結果も出てる気がしますので、ふたりとも性格的には向いてないかもしれませんが、ピッチの中では北島マヤ式に自分がルーニーさんやロナウドさんやピッポさんだと思い込んでひとつよろしくお願いしたいところです。

そうそう、昨日気がついたこと。
ヤマスタのオーロラビジョンの選手メッセージに岡田隆選手が映ると、あからさまに
「あ〜(はぁと)」という甘いため息が複数周囲の席から聞こえるんですよ。
まあ、彼のブログにつけられているギャルコメントの多さを思えばむべなるかな。
スターシステムに乗せられずに、ってかそんなもん磐田にはありませんが、実力を伴った人気者にひっそりなっていただきたいですね。
私的な磐田のアイドルとしてはジウソンは別格として、ボーズ頭のクノちゃんが妙に愛玩動物的だったので見守って行きたいです。サッカーaiとは真逆のベクトルではありますが。

んじゃフランス行ってきます。どこかで移動中のロドさんに会えないかな。
[PR]
by michelle_s | 2009-10-19 01:18 | ジュビロ磐田

もう

正直疲れました…
でも大分行ってもいない私がこんなこと言っちゃいけないよな
現地で応援された皆さん本当にお疲れさまでした

ジュビロの人たちは催眠術でも禅寺でもいいんですけどメンタル部分を鍛える訓練した方がいいんじゃないのと半ば本気で思う
全員「インナーゲーム」50回読んでください



Kくち君のことについては…
ちゃんとルールに従って反省してから復帰してほしかった。
それなのに今日のスカパーの中継は、復帰が美談みたいな感じになっていた。
更生しようとしているというのなら、きちんと提示された方法でその気持ちを見せるべきなんじゃないかと思う。
[PR]
by michelle_s | 2009-09-13 21:19 | ジュビロ磐田