凡庸なるがままに。


by michelle_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:チラシの裏( 102 )

ひっこしセンチメンタル

 勤めている会社の社屋が移転することになり、今週いっぱい引っ越し作業をしてました。世界一片付けられない女なのに、自分の部署の引っ越し隊長を命ぜられてしまい、1週間苦労しました。なんとか協力してくれた部署の仲間のおかげで、タイムリミットの今日までに片付けることができたんだけど、チームで事に当たる事の大切さとか、協力を仰ぐにはどうするか、とかを改めて学んだ気がします。それから、こういう時にその人がもともと持っているモラルのレベルって残念ながらわかっちゃうんだなあというのが、なんとなく見えてしまいました。たかが引っ越し、されど引っ越し。

 でまあ、一仕事終えたんで今日はゆっくり家で飲むかと、手羽先揚げなんか作ってビールを飲んで、今すごく酔っぱらってるので今日のエントリは感情的です。

 今まで入居してたビルは便利な立地とは言えなかったけど、都心であくせくしていないという点ではすごく気に入ってました。都心から離れてるからこそのコミュニティ意識みたいなものもあったと思うし、都心へ向かう人の流れには巻き込まれなかったから、出勤も余裕がありました。
a0033423_1154712.jpg

ベイブリッジも見えたしね。
 でも今度のオフィスは都心に近づくし、引っ越しに伴って所属部署の雰囲気もだいぶ変わってしまうので、牧歌的な時代は終わりました。環境の激変に伴ってまたパニック障害がぶり返しそうな不安でいっぱいなんだけど、変化を受け入れられる強さがほしいです。正直、今は逃げたい気持ちMAXなんですがw
 
 片付けが終わって帰るとき、かなりセンチメンタルになって自分のとこ以外のフロアも見て回っていたら、取り壊される予定の壁に寄せ書きをしてる部署があって、私も書いてきました。なんだか晴れ晴れとした悲しさ(by菱沼さん@動物のお医者さん)があったなあ。そして最後にもうバイクでは通えなくなるので、思い出のビルと愛車の2ショットを撮ってみました。
a0033423_1271797.jpg

ああもうものすごく感傷的だ。でも今日ぐらいは浸らせてくれ。
[PR]
by michelle_s | 2007-05-19 01:28 | チラシの裏
 今日会社で、31歳のヒトに「ペギー葉山」を知らないと言われてしまってややショック。(なんでペギー葉山の話なのかはおいといて)「ウルトラマンタロウでウルトラの母の地球での姿をやってた人だよ!」と言っても「知りませんねー」のひとこと。同じ30代でも違うもんなんすね。
 と、家に帰ってきてこの話をしたら同じ年うまれの夫も「誰?」と知らなかったのですが、これは地域ギャップに違いない、としておこう。
[PR]
by michelle_s | 2007-04-25 01:40 | チラシの裏
 今日は誕生日で、有給休暇を取ってしまいました。ま、いろいろ雑用もかたづけなければならなかったもので。
 夜になって夫とごはんを食べにでかけたところ、案内された席の横のテーブルになぜか
ラモス現東京ヴェルディ1969監督
が。
 もちろんカリオカはプライベートのご様子でしたんで(どこかのシャチョさんおよびお姉ちゃんたちと一緒だった)、サインくださいとかは言わなかったんだけど。
 あとからもうひとつの隣の席に案内されてきたお客さんが、文字通り身体をのけぞらせてびっくりしたりしてて、彼を発見した時の一般人の反応の観察が楽しかったです。

 あまりに不意打ちでびびった、というかインパクトがありすぎで今日のテーマ(私の誕生日)がふっとんでしまったんですけど、あれか、リフティング練習を頑張る私への神からのプレゼントか。隣のテーブルに居合わせただけですが。

 ということでいいトシなんで、趣味以外の人生もなんとかします。
[PR]
by michelle_s | 2007-03-14 22:06 | チラシの裏

テスト

∩ ∩
(・(ェ)・ ) クマー
と書いてみるテスト。おもしろいwwww
[PR]
by michelle_s | 2006-12-08 08:57 | チラシの裏

小ネタ

 化粧品屋の店頭で流れてた、資生堂マキアージュのCMの栗山千明を見てなんとなくジェフの羽生を思い出したんです。改めて見たらあんまり似てなかったけど一応メモっときます。
[PR]
by michelle_s | 2006-12-07 09:43 | チラシの裏

初IKEA

 今度2歳になる姪がいるのだが、12月が誕生日なのでクリスマスといっしょに盛り上げたい、ついてはオサレなクリスマスの飾りをIKEAで買ってきてほしいと妹が頼んできた。えー、やだよー、IKEAつったら船橋に続いてここ横浜は港北店が開店して以来、週末ごとに新横浜周辺の道路を機能麻痺に陥れているほどの、今一番混んでいるスポットではないですか。(→「IKEA渋滞」の検索結果」)渋滞と行列するラーメン屋にはなるべく関わりたくない私としてはブツブツ言っていたのだが、平日の夜ならば少しはマシかと、金曜の仕事の後にバイクで立ち寄ってみた。
 中が広い、でかいというのは知っていたけど、さらにどこになにがあるかというのを、大ざっぱなフロアマップまたは検索システムで出た棚番号で見当をつけ、自分で探さなくてはならない。棚番号はついてるけど、充分わかりにくかった。なんだろうなあ、余計なもの買わすためにわざと目当ての商品にすぐにたどり着かないようにしてるんじゃないんだろうなあ、とかいきなり疑ってかかってしまった。いちおう、リクエストを受けていたので買うものは決まっていたんだけど、1階と2階を回らなければならなかったのでたっぷり歩かされた。
 あまりじっくりとは品物を見なかったが、質的には無印良品とかコムサストアとか、あのへんの感じなんだろうけど、今まで見慣れていない色遣いで確かにおしゃれには見える気がする。バスマットとかラグとかを見た限りは、値段も無印の似たような商品と較べると2、3割ぐらい安い感じか。しかし大量のオシャレインテリアに圧迫を受けているうちに、「散らかっている我が家にはこういうオシャレ家具は置けない…私はここにいてはいけない人間なんだあ!」とだんだん精神的に追いつめられてきた。
 平日だというのに結構お客さんも入っていて、多いのはおそらく東京から遠征してきてるスーツ姿の外国人ビジネスマン、学生、子供を連れてるけど子連れに見えないような若夫婦、青葉区とか港北ニュータウンから来たっぽい奥様方、といったところ。あーいやだいやだ、オシャレ臭で鼻が曲がりそうだぜ!クラウザーさんに「お前はもうオシャレじゃない」つってSATSUGAIしてほしいなどと思い始め、まあ完全に自意識過剰なんですが、そういう危ない精神状態になってきたので頼まれたものだけつかんで早々にレジに向かった。
 しかし、レジが半分以下しか開いていないこともあってそこは平日なのに
長蛇の列。周りをみると皆さんオシャレインテリアグッズを山と買い込んでいる。うちにこれだけの装飾品を入れるには、今家の中にあるモノを全部捨てないとダメだなあ、とまた気が遠くなった。そして、平日の夜でさえこんなに疲れるんだから、店内にたどり着くまでが何時間もかかる週末になんか行くのは2、3年しないと私には無理だとしみじみ思った。外資だけにその頃には撤退してるかもしれないけど。
 
 とまあ、予想通り私は、家の中のものは当分通販とか無印とかニトリでいいやと思ったんだけど、1つだけ強烈に欲しいものを見つけた。それはこのオシャレ猫ベッドだ!キャットタワーも既に置いてある我が家のいったいどこに置くんだ、という感じですが。しかし、コレひとつ買うのに人をかき分けて行くのも難儀な話ですな。

 そして、這々の体で帰宅して、無事品物を買ってきた旨妹に連絡したところ、「これはお金払うから、子供のクリスマスプレゼントはまた別で(はぁと)」みたいなことをしれっと言われ、誕生日に間に合わせようと買ったのに今回は単なる使いっ走りであることが判明したのでした。ぎゃふん。
[PR]
by michelle_s | 2006-12-02 21:23 | チラシの裏

「天使と悪魔」

 下に書いた通り、ちょっと南の方でタイガーショットの練習をしてきたんですね〜(ようやくキャプつばを読破した自分以外には面白くない表現)。10月とはいえ日中は暑かったです。色々食べてやる!と意気込んでいたわりには時間がなくあまり食べられなかったのが心残り。また行かねば。
 帰りの飛行機に乗る前に、空港の本屋さんで2時間読むにはちょうどいいか、とダン・ブラウンの「天使と悪魔」を買ったんだけど、個人的には「ダ・ヴィンチ・コード」よりも構成に緊迫感があって面白かった。基本的には同じようにジェットコースター式に次から次へとピンチが迫る展開は一緒なんだけど。ただ、反物質に脅かされるキリスト教世界というネタがどうにも星野之宣先生の「2001夜物語」の「悪魔の星」を思い出してしょうがなかった。言及は全然されてないけど、ネタ元のひとつなんでしょうか?
 あと、登場人物の教皇侍従(カメルレンゴ)の自分の脳内でのビジュアルが、上〜中巻では「バビロンまで何マイル?」のチェーザレ・ボルジアだったのが、下巻の後半で一気に「ヘルシング」のマクスウェルになってしまった。ラングドンはあまりトム・ハンクスの顔にはなって来ないんだけど、逆にあまりイメージが湧いて来ないので誰でもいいって感じ。この人の作品では重要度はオカルト・トリビアネタの連射>キャラ立ちなのかもしれないですね。
 マクスウェルと言えばこの小説でのヴァチカンは、13課が出てきても違和感がないぐらいの組織に書かれてる感じなんだけど、そのややトンデモっぷりが私にはちょうど心地よかったです。いやむしろ13課出せよ。とすら思いましたが。
[PR]
by michelle_s | 2006-10-31 00:20 | チラシの裏

逃亡

 日記に間が開いたのは単に気が向かなかったからで、特に体調を崩してたとかではありません。その間、フットサルに行ったり太ったり会社のサッカー/フットサル仲間の結婚式に夫婦で出席したり太ったりまんがを読んだり太ったりしていました。で、明日あさってと休みを取って少し逃亡するので、また太る予定。
 で、これじゃいかんと思いここんとこやっているのは、ゲームをしながらステッパーを45分踏む、ということ。夫の持っていた「信長の野望」を試しにやってみたらはまってしまい、ステッパーを踏みつつ、「こやつめハハハ」とか、攻城戦で逃げた相手にアーカード口調で「いいだろう、何度でも滅ぼしてやろう」とかアフレコしながらゲームをすると時間がすぐに経って汗だくになるのでいい感じ。しかし旅行先にまではステッパーもPS2も持って行けないので3日後に順調に3kg増なのではないかという気がしております…
[PR]
by michelle_s | 2006-10-26 00:35 | チラシの裏
 うーん、なんだかサボりぐせがついてしまった。気がつけば3年以上日記を書いてるのに、習慣が消えるのは割と早い(私の場合)みたいなので気をつけよう。

▽ 明治ブルガリアヨーグルトクリーミーリッチ回収。食べちゃったよ!このニュースが出た日に!次の日、会社のあるビルのコンビニの棚からはこのヨーグルトがなくなってたので、私が食べたのはまさに製造年月日の印字がないやつだったんだろう。ま、品質そのものには問題がある話ではないのでおいしくいただきましたが。

▽ 週1回の楽しみだったスポーツクラブのスタジオプログラムのひとつ、ロックダンスの先生が9月いっぱいで辞めてしまわれた。最後のレッスンは、それまではずっとソウルで踊ってたのになぜか「リクエストがあったので」とSMAPの「SHAKE」だった。前奏部分だけなんだけどちゃんと振り付けはコピー。ちょうど私がコンサートに行った頃の曲なので懐かしい。実際踊ってみると絶対踊りながら歌うのは不可能でしょうコレ、と思った。
 あー、この先生のクラスはわかりやすかったし、私らのレベルに合わせつつもロックっぽい振り付けをしてくれてたので好きだったんだけどなあ。残念だ。何ヶ月か前にはジャズダンスのクラスもなくなってしまったし、私が出るとダンスクラスがなくなる、という法則ができつつあるようで、バレエのクラスまでなくなってしまわないか不安だ。

▽ 「35歳からはじめるシリーズ」(さっき勝手に作った、フットサルやバレエに関する話のシリーズ)の備忘録。会社の昼休み、2回以上続く気配がまったくないリフティングの練習をしていた際に思ったこと。
●ボールがうまく上がらないときの足の形は、指を反り返らせてしまっている
●リフティングがうまくいくときの足の形はたぶんインステップキックがうまくいくときとほぼ同じ
●そういえばうまくいかない時の足の形は、バレエで言う「鎌足」だ
●ということは、鎌足を注意されたときの「親指を伸ばして小指をくるむように」という意識をインステップキックの時に持てばうまくいくのでは?
結局、足の甲をちゃんと伸ばすのをどうやって自分に意識させるかってことなんだけど。理論だけでも身体がうまく動かないし、かと言って年を取ってからはじめたことだから、身体が勝手に動くだけの練習の蓄積もない。本当に35歳からシリーズは地獄だぜー。
[PR]
by michelle_s | 2006-09-30 16:13 | チラシの裏

休み明け

▽ 出社したら案の定1日ではさばききれないほどの量の仕事がたまっていたよ。3日ほど翻訳マシーンと化して消化する予定。夏休みに出勤すれば今日げんなりせずに済んだのかもしれないけど、休日出勤前提のスケジュールなんてそんなのはいやだ!(fromアンパンマンのマーチ)労働者の権利を行使したまでだい、と言っているけど、ハタから見れば「宿題は8月31日にやればいい磯野カツヲ主義」だと思われますでしょうか。

▽ そして昨日に引き続き、感動水島野球展開の高校野球。もちろんライブでは見られなかったけど、あとでスコアボードを見てあまりの展開に驚いた。9回の裏1点差でラストバッターがライバルピッチャーって何それ、最近はジャンプでもそんな話ないのではないか。駒大苫小牧はこれまでの試合の逆転劇でで感動力を使い切ってしまったので、今日は逆転が爆発しきれなかったのではないかというのがわたくし理論でしてよ。
 私も大多数の日本人と同じく「両校優勝でいいじゃん」と思ったけど、勝負をつけるのであれば判官びいき原則にならい、「悲願の初優勝」早実を応援するのにやぶさかではない、と思っていた。ともかく早稲田実業のみなさん、優勝おめでとうございます。駒大苫小牧の皆さん、残念でしたが全力を尽くしていた姿はしっかり記憶しました。
 ところで日米高校野球に斉藤、田中両投手を含む両チームの選手が何人か選ばれたようなのですが…開催が8月31日から、場所がアメリカらしい(このソース、昼間どっかで見たんだけど今なぜか見つけられない)。今日あの死闘を終えたと思ったら10日後にアメリカー?高野連、きさまの血は何色だー!選手たち本人が「どってことないっス」と言っているのであればよいけど、未来ある選手の身体をちっとは気遣ってくださいよ。
[PR]
by michelle_s | 2006-08-22 01:30 | チラシの裏