凡庸なるがままに。


by michelle_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:Macとかネットとか( 31 )

Firefox3

職場も家も入れたよー 
ホントに速いよー
未だにADSLの家Macでもササッと描画。当分ADSLでいいわこりゃ。調子に乗って夜更かししすぎてしまった。
デフォルトフォントが今までよりちょっと太く見えてそれが気にならなくもないですが…
[PR]
by michelle_s | 2008-06-19 00:32 | Macとかネットとか

見栄とSNS的なモノ

 昨日会社のPCのiTunesを起動したら知らない人のプレイリストが表示されていた。知らない人だけどうちの会社のネットワーク内の人ってことだ。友達でもない人のプレイリストが表示されているのは気になるので、表示させない方法を調べたらこんな記事にぶつかって、これはちょっとイヤだ。

『iTunes』のプレイリスト共有機能で問われる音楽センス
職場に広がる「音楽プレイリスト不安症」--米研究者が発表 - CNET Japan

 うへー、プレイリストでその人がダサいかどうか決めちゃうってことでしょ。それを気にして自分のプレイリストの編集に必死な人がいるかと思うと、その行為自体が痛いというか中二病じゃんという気がする。とは言え、これが自分のことだったらと思うとおそろしい。私のiTunesの中のアタック25のテーマソングを見た人が、実際私にあって「ふーん(笑)」という感想を抱く、なんて考えただけで引きこもりたくなる。あえてネタ曲ばっかりのプレイリストを公開するという手もあるけど、それも太宰治の「人間失格」の「ワザ、ワザ」みたいだしなあ。プレイリスト公開しなきゃいいだけの話だが。
 mixiの日記とかプロフィールも同じで、見栄を張って自分の看板を出す行為こそがソーシャルネット的なつながりを生み出すのかもしれないけど、率直に疲れると思いますね。そこに重きを置かないから私はオサレではないのでしょうが。どうせダサいからいいや。
 実は最初に書いたプレイリストは、「DJ****」と名前がついていて、一瞬なんともいえない気持ちになった。だからリンクした記事を発見した時にはやっぱりそうなってっちゃうよなあ、というのと、記事になってるってことはこのプレイリスト共有が浸透してるコミュニティでは、お互いちょっとダークな気持ちというか、ルサンチマンを抱きながらプレイリスト共有してるんじゃないのだろうか、だとしたらやな感じだなあなんて思ってしまったりもしたのだった。そう感じる私が一番病んでるということか。一言で言うと「共有うぜえ」と思ってる人がいるんだな、と。
 別に誰がどんな音楽聞こうがよいではないか、と思ったけど、例えば浜崎あゆみだらけのプレイリストを公開してる人がいたとすると、この人は夜中にドンキホーテ行きそうだなあと思っちゃうだろうな(笑)。なんにしてもネットワークに自分を開放するのはほどほどに、そしてこういうツールってあざとい使い方はしない方が精神衛生上よさそうだと思ったってことです。
[PR]
by michelle_s | 2006-07-20 00:46 | Macとかネットとか

他人のフリ見て…

 やはりVoCE問題のエントリは残しておかねばなるまいな。ことの顛末は、ピタゴラ装置ゲームの際にリンクしたHagex-day.info様のエントリ、「講談社が盗撮と人権蹂躙」に詳しい。
 VoCEというのはコスメ雑誌な訳だけど、作り手及び想定しているターゲットのスタンスは「セレブ」であるらしい。もちろんこの場合は'celebrity'じゃなくてカタカナのセレブだろう。頂点にいるのは叶姉妹か神田うのあたりか?セレブ界に詳しくないので人物のセレクトがベタベタですいません。
 今回問題になった記事はその「セレブ」系の先鋒たるVoCEのライターが池袋の執事喫茶に「潜入取材」しているが、リンク先の記事を読んだ限りでは、その潜入取材は最初から執事喫茶という店とそこに来ているお客さんを嗤う目的でやっているようだ。ひょっとして、この記事を書いたライターはナンシー関の「信仰の現場」のような記事を書いたつもりでいるのかな、と思った。「信仰の現場」は「自分は知らないけれども、好きな人にとってはものすごく求心力のある世界」というものを冷静にレポートしている。しかし、VoCEの記事との一番の違いは、だからと言ってその世界の外にいる書き手が「こいつらきんもー☆」という価値観を持ち込んでいない点だと思う。そういう世界もあるんだな、自分にはよくわからないけど、という表現はされているけど、「執事喫茶なのにTシャツ着てる」だの「庶民フレーバー」だの、余計なお世話丸出しの侮蔑するような表現はしていなかったと思う。「Tシャツを着ている」のが「美しくない」の表現として使われていることにほぼ毎日Tシャツの私はTシャツのどこが悪いんだ!とピンポイントで怒りを感じた。ヒルズ族のホリエモンだって常にTシャツではないか(逆効果)。
 私はいわゆる「腐女子」ではないし(むしろ苦手)、別に執事喫茶に行ったこともない。ウォルター(ヘルシング)がシロルの特級葉の紅茶でも出してくれようもんなら行くが。だが、コスメ・ファッション・モテ、が正義とされているVoCE基準から言えば、別世界の住民だ。どっちかと言えば男性オタクに近い。だから、わざわざVoCEサイドが「別世界」と思っているであろう執事喫茶にわざわざ出かけて素人のお客さんを隠し撮りして、それをネタに「こうはなりたくないわねえ」と嘲笑している記事を読んで普通に不快感を抱いた。この件でエントリを書いている多数のブログや2ちゃんねるのスレッドの書き込みと同じように、人を貶めることで優越感を抱く記事を載せる雑誌が「美」や「セレブ」を語るとは笑わせてくれる、と思ったのだった。
 しかも編集部は抗議に対してもまるで反省する素振りを見せず、
「こういうことを、指摘されたこと自体残念」
とまるで「オマエがそんな奴だったなんて先生悲しいよ」と言わんばかりの、上から目線のコメントをして未だに黙殺の姿勢を固めているそうで。これから「アフタヌーン」は漫画喫茶でしか読まないし、「げんしけん」は古本屋さんでしか買わないよ。好きな漫画があるのに一部の雑誌のせいでこう思った人は少なくなかろうに、残念(笑)。

 このライターのメンタリティや編集部の対応のまずさは他山の石として自分も人間関係で傲慢になることのないように気をつけようと思ったのだけど、それを変に間違ってしまうと「他人を貶めて自分を持ち上げる」心理になってしまうのかもしれない。その意味ではVoCEは素晴らしい反面教師だ。自ら嫌われ役を買って出るなんてさすがセレブ。
[PR]
by michelle_s | 2006-05-24 00:53 | Macとかネットとか

もう秋葉には行けない

 皆さん見ましたか。TBSのブロードキャスター。秋葉原特集やってましたよ。私は久しく行っていないのだけど、TVに映ってた秋葉原は、
 オタク系アイドルを目指してる女の子が路上コンサートやってて、
 路上にメイドがいて、
 「電車男」見て「オタクは優しいかな」とか言いつつ物見遊山で来た女の子がメイドと記念撮影して、
 観光客が見世物の感覚で携帯のカメラでフィギュアを撮ってました。
 
 いてもたってもいられなくなって、2ちゃんねるの実況板にすっ飛んでいったら、やはり同じ気持ちの人々がぞくぞくと集まって来ていて、5分で1スレ消費しておりました。
 
 …ちょっと前、たぶん「電車男」がTVドラマや映画になった前後は「オタク」と「負け犬」が対立項になってたような気がする。しかし、この秋葉原の惨状を見てしまうと、外から攻撃されるまでもなく「萌え系」のせいで秋葉原は内側からダメになってくんではないだろうか、と思う。
 「萌え」っていう感情の対象になるのは別にメイドとかネコミミとか妹とかだけじゃないはずだし、秋葉原にはメイド喫茶やフィギュア屋や同人ショップだけじゃなくて、ジャンクPC屋もラジオ会館もあるでよ、と思うのは私だけではないと思う。「秋葉原=メイド」という報道で観光客が来るのが秋葉原の活性化なんでしょうか。「これからは『萌え系』ビジネスだ」とか言ってるプランに限って、考えてる「萌え」の定義が上に書いたみたいな本当に、ほんとーうに陳腐で記号的なものだったりするし、最近はちょっと萌え萌えうるせえよ、という気がしてる。そもそも、メイドに萌えない人だっているんだからさ。

 ひょっとしたら路上にいるメイドは、そうやって観光地化した秋葉原から今までの客層を駆逐して、再開発後に秋葉原を渋谷化しようとしていると考えてる「あっち側(「萌え」って言っときゃオタクなんてすぐ騙されると思ってる人たち)」の手のもの(誰かは知らないけど)が秋葉原に送り込んだ埋伏の毒の計なのではないだろうか、とか言ってみる。
[PR]
by michelle_s | 2006-03-11 23:07 | Macとかネットとか

ダムすごい

 結構前に2ちゃんねるで話題になってたらしいんだけど、今日初めてみたすごい画像。

異次元への穴か
http://www.dphoto.us/forumphotos/data/594/432Lake-Hole.jpg

怖い
http://photos6.flickr.com/7317705_5f8e0cd36d_o.jpg

合成かと思ったら、そうじゃない
http://photos4.flickr.com/4053163_8c40bb7882_o.jpg

上から見たらこんなんですか。
http://www.scwa2.com/images/Monticello%20Dam.jpg


元のスレッドが落ちてて読めないので、4枚目のURLをヒントに検索したらここのダムらしい。
http://www.usbr.gov/dataweb/dams/ca10170.htm

これに落ちたらどうなるのか。下はどうなっているのか。
ダムに萌える人たちの気持ちがちょっとわかった気になったのだった。
[PR]
by michelle_s | 2006-02-23 01:15 | Macとかネットとか

しぞーかおでんが!

 @NiftyのデイリーポータルZ、今日の特集は
静岡「おでん街」へ行く
だー!静岡人としてはキタキタキター!と言わなくてはならないでしょう。あー私が案内して差し上げたかった。
 自分ちでおでん作ると、静岡おでんのあの黒いツユがなぜか白っぽくなってしまう。やっぱり削り節で最初出汁を取らないとダメなのかも。
 上の特集、「地元じゃない人から見た静岡におけるおでん」の様子はこんな感じなのか、と興味深かった。おでんを食べながらライターの方と語り合いたい。静岡人の黒はんぺんに対する思いを伝えたい。ということで、昔作ったはんぺんリンク集を貼っておく。
[PR]
by michelle_s | 2006-02-20 12:42 | Macとかネットとか

Appleのバカバカバカ

 会社のT山さんの日記で知ったんだけど、
iPod nanoって何なの(多分誰もが思うだじゃれ)。
 ずっと買うたやめた音頭を踊り続けて、7月に思い切ってiPod shuffleを買ったのに、Appleに翻弄される悲しい貧乏人とは私のことだ。でも、振り回されつつも「もう、ひどい人なんだから…」とスネた顔で言われて結局許されるキャラのような気もする、Apple。私はshuffle買ったばっかりだからさすがにこれは買わない(買えない)けどね。
[PR]
by michelle_s | 2005-09-08 09:59 | Macとかネットとか

バトンが来たので

▽ ミュージックバトンというものがネットで流行っているらしいけど、渡されても今はCKBしか聴いてないしなー、と思っていた。そうしたら元同じ会社のこっこちゃんから「本」のバトンが渡ってきた。渡す人はいないんだけれども(渡されたい人は教えてください)書いてみましたんでひとつ。

------------------------------------------------------------------
■部屋にある本棚の数
天井に突っ張るタイプの120cm幅の本棚1つ。ディノスで購入
これに入りきらなくなったら放出と残留を決めて古本屋へGO。

■最初に買った(読んだ)本
最初に読んだのは絵本…でしょう、「ぐりとぐら」「はじめてのおつかい」とか。
自分で買ったのはたぶん星新一の「きまぐれロボット」。

■最後に買った本
まんが以外では:
ロバート・ホワイティング 「東京アンダーワールド」「東京アウトサイダーズ」
まだ全部読んでないです。
まんがは:
クリスタル☆ドラゴン 22、23巻
20年「続きマダー?」と言い続けている。

■いま読んでいる本
原作:隆慶一郎 漫画:原哲夫
「花の慶次」
最近雨で電車通勤なので。

■よく読む、または特別な思い入れのある5冊
1.沢木耕太郎 「深夜特急」
「途上にあること」が書き尽くされている本。私は途上にいっぱなし。

2.ディック・フランシス 「利腕」
これと「大穴」「敵手」のシッド・ハレー三部作はやっぱり何度も読み返してし
まう。内省的になればなるほどヒーロー度が上がるシッドに毎回惚れ直す。

3.ライアル・ワトソン 「アースワークス」
オカルトギリギリかも、と最近は思うんだけど、読むたびに世界の見方がちょっと変わる。

4.山下洋輔 「ピアニストを笑え」
山下洋輔とナンシー関の文章から受けた影響は甚大。

5.小倉 肇 「大学やめてもへっちゃら 世界の学者くまくす」
これは今手元にある本じゃないんだけど、小学校3年のときに学級文庫にあって、取り付かれたように読み返した。こういう人になりたいと激しく思った。この本を読んでいなかったらおそらく人生の選択肢が違っていたと思う本。今は絶版らしい…

 こうやってみると、「ブンガク」苦手なのな。

------------------------------------------------------------------
▽ 実は最近まんが以外の本はほとんど読まなくなってた。本屋に行くことがものすごく少なくなったし、行っても本に対する嗅覚がものすごく鈍ったのを実感する。太ることと本を読まなくなること、がバイク生活の悪い点かもしれないです。 
[PR]
by michelle_s | 2005-07-04 12:35 | Macとかネットとか

エクソシスト: Mac 

 そうは見えないと言われますが生来非常に怖がりです。呪怨なんか見たら眠れなくなります。

 昨日の夜iTunesで音楽を流しつつノリノリで料理をしていたら、どうも音楽のほかにもうひとつ音が鳴っているようだった。なにやら男性の声で英語をしゃべっているようだが、よく聞こえない。何だろう。ネットラジオとか流してないし。ずっと低い声でしゃべり続けていて止まる気配がないので、呪文をかけられているようでちょっと怖くなってきた。まさか
The power of Christ compels you
とか言ってる(註1)のでは!。ギャー。
 おそるおそるMacに近づき、iTunesの音量をオフにしてみたら…

猫がキーボードのF5ボタンを押して「ユニバーサルアクセス」がONになっていた(註2)のだった。

ギャフン。

 まあ、昔使っていたPerforma275で深夜チャット中、なにも入力していないしキーボードを押すものもなかったのに、突然画面いっぱいに

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

と表示されはじめて、強制終了するまで続いたことがあったんだけど、それもこれと同じようにくだらない理由があったんだよねきっと。原因はわからないけどさっ。

(註1)神父さんの悪魔祓いの言葉
(註2)「ユニバーサルアクセス」でいまマウスが画面のどこを指しているかを音声で知らせてくれる

[PR]
by michelle_s | 2005-06-24 10:28 | Macとかネットとか

映画やドラマで大もうけ

 「電車男」の映画、予想に反して結構面白いらしい。ちゃんと感想を書くには身銭を切って見に行くべきだけど、今の段階ではまだネット(どうせ2ちゃんですが)での感想を見ているところ。「しろはた」の本田氏、今週のスピリッツの吉田戦車氏のレビューで共通して「意外に面白い」となっているってことは、月曜ドラマランドな脱力する映画化にはとりあえずなってないってことだよなあ。
 結構見るネット上の感想は
・主演の山田孝之がもっとリアルに秋葉原にいるような顔だったらどうだろう(=共感が減る/増すという両方の意見がある)
・中谷美紀の現実感が薄い(意図的な演出の結果)
というところか。
 しかし気になったのは、「しろはた」で本田氏が夢オチ(←反転すると見えます)と書いたことに対して
「そんな風に受け取るなんてこの人は心までキモイのねギャー」
という反応があったことだ。そういう反応があるのは泣いた、感動したというスレの流れで出てきているんだけど、実際の映画のラストはどっちとも取れる演出がされているようだ。
 まだ映画を見ていないので、私がそのシーンを見てどう思うかはそのときに譲るとして、解釈の多様性があるほうが作品としては優れているのじゃないのだろうか。一つしかない受け取り方を強制される映画は、既にプロパガンダ映画と言ってもいいように思う。
 たぶんこの映画は、既にストーリーがよく知られている(それどころかフィクション説もかなり広まっている)にも関わらず、純愛に感動できるピュアな私に乾杯!電車男、がんばれっ!(笑)という以外の見方ができるように作られているから、本田氏も吉田氏も「予想に反して面白い」と言ったんだと思う。
 ただ、フジテレビのドラマにもなるらしいので、劇場の出口で
「感動しました!」
とカメラに向かって言える人が多い方が、色々と利益になる方面も多いのだろう。映画は結構見てみたいと思ってきたし、うっかり感動してしまってもそれはそれでいいかなと思うけど、ドラマ化まで積極的に支持してる訳ではないんで。エルメスのありえなさ=伊藤美咲ってのは、多分計算してのキャスティングではないかもしれないけど結構いいとこついてるとは思うけど。
 とネットの片隅でぶつぶつ言う私もキモ子ですかそうですか。
[PR]
by michelle_s | 2005-06-24 01:15 | Macとかネットとか