凡庸なるがままに。


by michelle_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今そこにある未曾有の危機

2008 J1 1第25節 ジュビロ磐田 0-1 横浜Fマリノス

ああ、エコパまで見に行ったとも。台風一過でひどく暑かったさ。
90分間、過呼吸になるかと思うぐらい声を出しつづけたけど…
ネット掲示板では「選手の気持ちが見えない」というような意見もあるけれど、現地で見た限りはそんなことはないと思う。結果に結びつかないのは、勝ちたい気持ちがないのと同義という考え方もあるとは思いますが。
私が見たところ、負けられないという気持ちが自分達をかえって縛ってしまってパニックに陥っているような印象。今までに経験のしたことのない状況に、選手もフロントもサポーターも途方に暮れている…
その意味では、勝ち点2差に迫ってきた千葉は早めに腹をくくったのが今の勢いになっているのかもしれない。
危機感を上手にコントロールして、残りの試合は強い気持ちで当たってほしい。

昨日の試合後にブーイングしないのが生ぬるい、という声も聞こえるけど、今の状況ではブーイングよりも応援し続ける意志を見せる方が、選手の心に響くんじゃないのかなと思う。
いや、響いてくれていると信じたい。カレンも
「本当はブーイングしたいだろうが―。その思いに応えないといけない」と気持ちを奮い立たせた。
と言っていることだし。


試合後、見上げた空はすっかり夕暮れになっていた。小笠山のねぐらに帰って行くカラスが何羽もピッチの上空を横切って行く。
無性に切なくなりながら帰り支度をしていたら、こんな悔しい試合の後でもジュビロくんが挨拶に回ってきていた。
私は最前列に近い位置にいたので、せっかく来てくれたジュビロくんに声をかけた。観客席の手すり越しにジュビロくんと握手をして、
「…がんばろうね!」
と言ったら、ジュビロくんは握手にいっそう力を込めて激しくうなずく。
「!!…がんばりましょうね!」
ますますがっちり手を取り合ってさらなる応援を誓う一羽と一人。
応援することしかできない人間としては、とにかくもう応援するしかない。
ホームが遠い私ですが、残り全試合、スタジアムで応援する所存です。
[PR]
by michelle_s | 2008-09-21 22:36 | ジュビロ磐田