凡庸なるがままに。


by michelle_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

休み終了

 スケジュールは暦通りだったんで、5月3日から今日まで休み。明日からお仕事再開。金融関係に勤めていた頃よりは、休み明けの鬱度合いは大幅に少ないんだけど、それでも休みが長くなると復帰しづらくなる。なるべくいままで連休だったことは考えないようにしております。

 休み中は両親と妹一家と一緒に御前崎に泊まりに行った。4日の夜に藤枝に帰り5日に御前崎、6日の深夜に横浜に戻るという日本人らしい余裕のない日程。ま、隣の県ですからね、さくっと行けると言えば行ける。
 泊まったホテルは昭和感が溢れる、というか予算切り詰めてるんだな、と随所で感じる施設だったのだが、ごはんは美味しかった。とくに魚とメロンとイチゴ。キンメダイの煮付けが出て美味しかったんだけど、実はその日の昼食でも巨大なキンメダイを食べていたので、「今私の身体は80%がキンメダイでできている」と思った。
 御前崎と言えば静岡人がドライブのネタがないとすぐ行くようなところで、実際私は子供のころから何度行っているかわからないのだが、今回は海水魚に取り憑かれている夫とともに磯で生物を採集しようと、網や蓋付きバケツなどを用意して張り切っていった。しかしまだあまり水温も高くないせいか、捕まえることができたのは地味ーなハゼと毒っぽいフグ。家の水槽に入れるのはややためらうような魚たちだったので、大海原にお帰り、と放してきた。
 それにしてもその3日間は気持ちのよい天気だったので、実家から御前崎に行く海沿いの道や、2日目に行った遠州・森町(父の郷里)の小國神社への程よいワインディングとか、他人がバイクで走っている姿を見るたびに「ああ、バイクで来ていたら…」とうずうずしっぱなし。しかし母親が「バイクでは絶対帰って来ないこと」と言っているので自粛せざるを得ない。東名でも法定速度守りまくりなんだけどねえ。 
 というわけで1泊2日で実家方面に行っただけだけど、そんなに大イベントをやらないほうが休み明けが憂鬱じゃないのかも。私の場合。負け惜しみでなく。
[PR]
by michelle_s | 2006-05-07 23:45 | チラシの裏